卓越した美貌と演技力で世界を虜にした“酸素のような女性”イ・ヨンエ

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTSKOREA)
(写真提供=SPORTSKOREA)

韓国で平均視聴率40%超えを記録した人気作『宮廷女官チャングムの誓い』。韓国のみならず、世界100カ国で支持された最も有名な韓流時代劇だ。どんな困難が待ち受けていても前向きに頑張る主人公チャングムの姿は、多くの人の涙を誘い、チャングムに扮した女優イ・ヨンエもまた、世界に知られるトップスターの仲間入りを果たした。

1971年、2男1女の末っ子に生まれたイ・ヨンエは、両親に見守られながらスクスクと育つ。愛らしい容姿をもった彼女は、小学生時代からモデルとして活動。彼女はモデルと学生の両立をしながら大学にまで進学する。

素性を明かさずにひっそりとモデル活動を続けていたイ・ヨンエの転機となったのが、1991年、大学3年時だ。彼女は大手化粧品会社の広告塔として起用された。彼女がもつ透明感のある美しさは、“酸素のような女性”と評され、多くの女性の羨望を集めた。

1993年に大学を卒業したイ・ヨンエは本格的な芸能活動を始め、同年には『お宅の夫はいかがですか』でドラマデビューを果たして新人賞を受賞。その後もヒット作に立て続けに出演し、充実した芸能生活を送る。

女優として成功の道筋を歩み続けるイ・ヨンエだが、1996年の映画『インシャラ』の興行失敗によって初めての挫折を味わう。一度、失敗作に出演するとそれをリカバリーするのは難しいが、イ・ヨンエの女優業への熱意は高かった。

挫折もあったが『チャングム』で世界に

イ・ヨンエは『インシャラ』終了後、立て続けにドラマに出演しながら、自己の研鑽を怠らなかった。