千葉ロッテのイ・デウン、タトゥーが原因で選手生命の岐路に。残された道は…

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)プレミア12でも活躍した千葉ロッテのイ・デウン
(写真提供=SPORTS KOREA)プレミア12でも活躍した千葉ロッテのイ・デウン

韓国でスポーツ選手のタトゥーがちょっとした話題になっている。きっかけはプロ野球選手であるイ・デウン(千葉ロッテ)とオ・ジファン(LGツインズ)のタトゥーだ。

2人は兵役対象年齢に差し掛かっており、兵役の代替制度のひとつである義務警察に入隊して、野球特技兵としてソウル市警察庁野球団に入団すべく、ソウル市警察庁の義務警察選抜テストを受けた。

しかし、不合格判定。その原因が体に刻まれたタトゥーだというのだ。

ソウル市警察庁によると、2人は一次テストとなる書類審査は通過したが、二次試験となる身体検査で落ちたという。

病弱ならともかく、現役のプロ野球選手として活躍する2人である。身体検査に引っかかったと聞いて持病や故障個所があったのかと思われたが、身体に異常があったわけではかったらしい。

では、なぜ、タトゥーが原因で不合格となったのか。