アジア版ヤンキース対レッドソックス!? 宿命と因縁の日韓野球激闘史

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTSKOREA)
(写真提供=SPORTSKOREA)

日韓対決と言えばサッカーを連想する人が多いだろうが、最近は野球でも互いに譲らない白熱した勝負を繰り広げている。

記憶に新しいのは2015年11月に行われた「第1回プレミア12」だろう。日韓は決勝戦で対決し、最後は韓国が9回に逆転する劇的勝利で初代王者になった。韓国にとっては奇跡、日本にとっては悪夢に終わった「プレミア12」だったわけだが、両国が野球でこれほどまでのライバル関係になったキッカケはいつからだろうか。 

人によってその答えはさまざまだろうが、2006年から始まったWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が大きいのではないだろうか。

特に2009年の第2回大会は壮絶だった。何しろ日韓は計5回も対戦したのである。その戦いはまさに激闘に次ぐ激闘の連続だった。

東京での第1ラウンド第1戦では日本が韓国に14‐2の7回コールド勝ち。続く第1ラウンド1・2位決定戦では韓国が1-0の完封勝ち。韓国はアメリカに場所を移して行われた第2ラウンドでも、日本を4-1で下して一足先に準決勝進出を決めたが、第2ラウンド1・2位決定戦では6-2で日本が雪辱するなど、まさに一進一退の攻防だった。

「日本と韓国の戦いはアジア版“ニューヨーク・ヤンキース対ボストン・レッドソックス”だ」

そして迎えた決勝前、日本代表の原監督が「世紀の対決になるだろう」と語れば、韓国代表のキム・インシク監督も「偉大な挑戦になる」と発言。

両監督の言葉通り、総力戦の様相を呈した決勝戦は延長までもつれる壮絶な戦いとなり、最後はイム・チャンヨンのストレートをセンター前にはじき返したイチローのバットで決着がついたが、AP通信は両国の関係をこう評した。

「日本と韓国の戦いはアジア版“ニューヨーク・ヤンキース対ボストン・レッドソックス”だ」

だが、実は両国の野球対決が実力伯仲の間柄となったのはここ10年ぐらいのことでもある。