政府の陰謀説もある韓国の都市伝説“11月怪談”。今年は“崔順実ゲート”が飛び火するかも!?

Pocket
LINEで送る

今日から暦は11月となるが、毎年11月になると韓国でにわかに囁かれることになる都市伝説があることをご存じだろうか。

もともとかの国にも「赤いマスクの女」や「赤い紙、青い紙」といった韓国オリジナルの都市伝説が存在するが、この時期になると巷で決まって話題になる都市伝説である。

その名も“11月怪談”。毎年11月になると、芸能界発の事件や事故が集中するとしていつ頃からか巷で囁かれるようになった。

実際、韓国芸能界の過去を振り返ってみると、なぜか11月になると、訃報や交通事故、麻薬問題や違法賭博の発覚など、スキャンダラスな事件が多発している。

“11月怪談”の黒幕は誰か

直近の5年間でも、2012年には人気歌手とアイドルグループのプライベート写真流失、2013年には人気女優が元マネージャーから脅迫されていた事実の発覚、2014年には人気歌手のヌード写真流失や大麻所持などが起こっているのだ。

(参考記事:毎年11月には何かが起こる…。韓国芸能界の都市伝説「11月怪談」とは?)

なぜ、韓国では11月に事件やスキャンダルが次々と発覚するのだろうか。