サガン鳥栖のキム・ミヌはなぜ、この時期に「大好きな鳥栖」を離れるのか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)
(写真提供=FA photos)

Jリーグのサガン鳥栖のキャプテンであるキム・ミヌ(金民友)が来季契約をせず、韓国に戻ることになった。

理由として報じられているのは兵役に就くためだが、兵役は日本にないだけに馴染みがなく、「なぜこの時期に?」と思われるファンたちも多いだろう。

まず、前提して韓国には成人男子に約2年間の兵役が義務づけられている。スポーツ選手の場合、オリンピックで金、アジア大会で金・銀・銅のメダリストになれば兵役免除の恩恵に授かれることもあるが、基本的にはスポーツ選手であろうと芸能人であろうと、政治家の息子や大財閥の御曹司であろうと関係ない。成人男子には「国防の義務」があり、満29歳までにその義務に従事しなければならない。

(参考記事:【まるっとわかる韓国の兵役】徴兵制は韓国男児の義務!

今年でいうと1987年がタイムリミットで、人気グループBIGBANGのT.O.Pが先日、兵役代替え制度のひとつである義務警察試験を受けた背景にも、タイムリミットが迫っていたからだろう。

では、1990年生まれのキム・ミヌはなぜ、この時期だったのか。