J最年少出場の久保、名古屋のJ2降格、日本人Kリーガー高萩洋次郎の活躍を韓国はどう報じたのか

Pocket
LINEで送る

久保建英のJリーグ史上最年少出場記録の更新に名古屋グランパスのJ2降格など、週末のサッカー界は話題に事欠かなったが、それらのニュースは韓国でも報じらせている。

例えばFC東京U-23の久保建英に関しては、「2001年生まれの久保、Jリーグ最年少デビュー」(『MKスポーツ』)、「15歳5カ月の久保、Jリーグ最年少デビュー」(『スポーツ朝鮮』)と大手メディアも取り上げいたほどだが、久保と同じくバルサ下部組織に所属するイ・スンウの名を枕詞にしながら報じるメディアも多かった。

「イ・スンウのバルサ後輩である日本の久保、15歳でJリーグ最年少デビュー」(『金剛日報』)、「イ・スンウと“同門修学”の久保、Jリーグ最年少デビュー」(『聯合ニュース』)といった具合だが、イ・スンウと久保は今から何かと比較される運命にあるのかもしれない。

(参考記事:日本の久保建英だけじゃない!! 韓国のイ・スンウとペク・スンホはなぜ、バルサの一員になれたのか

天才・久保や名古屋のJ2降格を韓国はどう報じたか

名古屋グランパスのJ2降格についても報じられているが、韓国メディアがより注目しているのは「オリジナル10」の降格理由よりも、来季の監督人事だ。