2年連続賞金女王に輝いたイ・ボミが韓国メディアに語った「これからの目標」

Pocket
LINEで送る

日本女子プロゴルフツアーで2年連続の賞金女王に輝いたイ・ボミ。その賞金女王を確定させる前に、韓国メディア『ヘラルド経済』はイ・ボミに9つの質問を投げかけている。

イ・ボミに関しては日本でも多くのメディアが取り上げられており、彼女のインタビューなどが紹介されているが、韓国メディアが彼女に投げかける質問は、日本メディアとは似ているようで異なっていて面白い。

例えば、イ・ボミは「伊藤園レディス」で日本ツアー通算20勝を達成。韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)では国内外を問わず、通算20勝達成者には永久シード権を授与しており、イ・ボミもKLPGAの永久シード権保持者となったが、『ヘラルド経済』はこんな質問を投げかけている。

「今年一番悔しかった試合は?」

「国内ツアーの永久シード権を手にしたが、必ず出場したい試合は?」。この質問に対して、イ・ボミは次のように答えている。