アジアを制した全北現代はCWCで「不都合な真実」を払拭できるか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA Photos)
(写真提供=FA Photos)

今季ACLを制したのは、韓国Kリーグの全北現代(チョンプク・ヒュンダイ)だった。全北はUAEのアル・アインと決勝で激突。ホームで行われた1stレグで2-1の勝利を飾り、11月26日に敵地で臨んだ2ndレグでは1-1のドロー。合計3-2とし2006年以来10年ぶりのアジア王者の座に戴冠した。

Kリーグ勢の優勝は2012年の蔚山現代(ウルサン・ヒュンダイ)以来4年ぶり。まして近年のKリーグは資金面では中国に圧倒され、人気や環境面ではJリーグにも到底及ばず、韓国国内でもその存在意義を問われていただけに、ACL優勝でその面目が保たれというべきだろうか。

(参考記事:企業からも地方自治体からも愛されていないKリーグの知られざる実情

それをKリーグのなかでもここ数年、最もACLタイトル獲得に意欲を燃やしてきた全北現代が果たしたという点も見逃せない。

全世界150カ国に自動車を輸出しているヒュンダイ- キア自動車グループを母体企業とする全北は、Kリーグのなかでも特に資金力のあるクラブとして知られ、その年間予算は毎年300億ウォン(約30億円)以上になるとも言われている。

旧知の全北担当記者によると、その豊富な資金力を使って今季開幕前はロビン・ファンペルシーやフェルナンド・トーレスの獲得にも興味を持ったらしい。