日本と韓国のサッカー黄金世代たちが語り合った伝説の“チェンマイの夜”を完全再現!!

Pocket
LINEで送る

忘れられない取材がある。1998年10月に東南アジアのタイ・チェンマイでの取材だ。

そのとき、チェンマイでは第31回アジアユース(U-19)選手権が行われた。

当時、日本は清雲栄純監督がチームを率い、小野伸二、稲本潤一、高原直泰、中田浩二、本山雅志、小笠原満男、播戸竜二など錚々たる顔ぶれが揃っていた。言わば“黄金世代”だ。

韓国も同様だった。19歳で1998年ワールドカップに出場したイ・ドングッをはじめ、2002年ワールドカップで活躍したソン・ジョングッやソル・ギヒョンがいたし、キム・ウンジュン(元仙台)、パク・トンヒョク(元柏レイソル)、ソ・グァンス(元岐阜)など、その後、Jリーグにやって来る選手もいた。

決勝戦の夜に起こった出来事

そんな選手たちが激突。日本と韓国はグループリーグでまず対決し、決勝戦でも雌雄を決する。ともに勝利したのは韓国で、日本は準優勝に終わったが、両雄にはピッチでの激しい対決とは別に、もうひとつの知られざるエピソードがあったことをご存じだろうか。