大谷翔平の高校時代を知る韓国の“大谷世代”たちは今、何をしているのか

Pocket
LINEで送る

2016年のプロ野球の主役は、二刀流が一段と進化した大谷翔平(日本ハム)であった。韓国でも日本の野球への関心は高く、大谷は広く知られた存在である。

しかし、彼が高校(花巻東)時代、韓国で試合をしたことを知っている人は、そう多くない。

ソウルで開催されたU-18世界野球選手権のことである。もっともこの大会での日本代表の主役は、藤浪晋太郎(阪神)と森友哉(西武)の大阪桐蔭バッテリーであった。

それでも大谷は、初戦のカナダ戦に4番・投手で出場し、登板しない時は、外野手やDHで中軸を務めるなど、二刀流の原点をみせた。

この大会日韓戦は、第2ラウンドと5・6位決定戦の2回あった。第2ラウンドでは、藤浪が完投して4-2で日本が勝ち、5・6位決定戦では、先発した大谷が2点を失うなどして3-0で韓国が勝った。

この大会、韓国は優勝したアメリカや準優勝のカナダに勝ち、日本は3位の台湾に勝っており、上位チームにはほとんど差がなかった。

日韓代表選手の違いが浮き彫りに

あれから4年。日韓の代表選手たちはどうなったか。改めて調べてみると、日本と韓国の環境の違い、韓国野球の状況が浮き彫りになった。