全北イ・ドングッが今こそ明かす日本サッカー黄金世代との「友情秘話」

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)
(写真提供=FA photos)

今季のAFCアジア・チャンピオンズリーグを制したKリーグの全北現代には、韓国サッカー界を代表するストライカーがいる。

イ・ドングッだ。19歳で1998年のフランスW杯に出場し、2000年シドニー五輪、2000年アジアカップ(得点王)、2010年ワールドカップにも出場。国際Aマッチ出場歴は103試合33得点を数え、ブレーメン(2000-2001年)、ミドルズブラ(2006-2008年)などヨーロッパでもプレー。Kリーグでは得点王1回(2009年)、アシスト王1回(2011年)、シーズンMVPに至っては4回(2009、2011、2014、2015年)を数える。

Kリーグでは2013年からリーグの最高年俸トップ3を公開しているが、韓国人ナンバーワンは常にイ・ドングッであるほどだ。
(参考記事: 韓国Kリーグも公開する選手年俸。Jリーグと比べてみると……

決勝の夜、小野、小笠原、播戸らと交流

11月下旬、そんなイ・ドングッにアジア制覇の舞台裏と12月8日から開幕するFIFAクラブ・ワールドカップへの意気込みを聞くべく、全北現代のクラブハウスを訪ねた。そのインタビューを2回にわたって紹介したい。