Kリーグの全北FWイ・ドングッが語ったACL制覇の舞台裏とクラブW杯への決意

Pocket
LINEで送る

(写真撮影=慎 武宏)
(写真撮影=慎 武宏)

韓国代表としては2度のワールドカップ出場を誇り、クラブ・レベルでも4度のKリーグ優勝4回を経験してきたイ・ドングッ。

だが、ACLのタイトルにはなかなか縁がなかった。全北現代の一員として出場した2011年ACLでは得点王のタイトルを獲得しているが、決勝戦でカタールのアル・サッドに敗れて優勝目前で涙を飲んでいた。

それだけに2016年にACLのタイトルを手にしたときは感激もひとしおだった。と同時に、初めて挑むFIFAクラブ・ワールドカップへの意欲もあふれてきたという。インタビュー後編は、ACL制覇の喜びとクラブ・ワールドカップへの抱負を紹介しよう。

――全北現代は決勝でUAEのアル・アインを下し、イ・ドングッ選手にとっても悲願だったACL制覇を成し遂げました。

「感無量でしたね。アル・アインとの決勝戦2ndレグでは途中で交代し、試合終了の瞬間はベンチで戦況を見守ったのですが、それでも緊張していました。小さなミスでも起きれば、優勝を逃してしまうというプレッシャーが凄かった。

ただ、チームメイトたちが最後まで集中していました。今季はいろいろと紆余曲折が多かった全北ですが、優勝カップを手にした瞬間、この選手たちと一緒に戦えた事実が何よりも誇らしかったです」

――優勝の喜びを大爆発させるよりも、若干自制するようにも見えましたが?