クラブW杯アジア代表の元Jリーガーが語った「日本と韓国の違い」

Pocket
LINEで送る

(写真撮影=慎 武宏)
(写真撮影=慎 武宏)

AFCアジア・チャンピオンズリーグ覇者として、FIFAクラブ・ワールドカップに出場するKリーグの全北現代には、日本と縁がある選手が多い。

パク・ウォンジェ(2009年、大宮アルディージャ)、チョ・ソンファン(2009年、コンサドーレ札幌)など、かつてJリーグでプレーしたことがある選手が多いのだ。

今季は大分トリニータ、セレッソ大阪、松本山雅でプレーしたキム・ボギョンや、2013~2015年まで柏レイソルに所属したキム・チャンス、2014年にはFC東京で活躍したブラジル人FWエドゥーも加わっている。

日本で選手生活を送った彼らが、ACL王者として日本に戻って来る。これまで多くの韓国人Jリーガーを取材してきたが、クラブ・ワールドカップ出場のために再び日本に戻ってくるのである。
(参考記事:「イルボン(日本)はライバルか」を韓国人選手に問う

ただ、さほど特別なことではないらしい。「特別な感慨深さはないですよ(笑)。Jリーグを離れた後も日本にはACLのために行っていますし、レイソルの選手たちとは今も連絡を取り合いますから。最近も大谷(秀和)と電話で話しました」と、キム・チャンスは笑った。

彼らにとって、かつて所属したJクラブの近況は今も気になるらしい。キム・ボギョンからもこんな言葉が返ってきた。