弾劾可決は“ぬか喜び”!? 朴槿恵大統領罷免まで「6カ月以上かかる」3つの理由

Pocket
LINEで送る

朴槿恵大統領に対する弾劾訴追案が12月9日、国会で可決された。検察は12月11日、朴大統領が関与した事件として、崔順実(チェ・スンシル)被告が実質支配した財団への大企業に対する出資強要の疑いなど、8件を挙げている。

弾劾訴追案が可決したことで朴大統領の職務は停止されており、今後は憲法裁判所が罷免が妥当かどうかを判断するが、「弾劾審判には6カ月以上かかる」という可能性が指摘されている。

速やかに判断できない“3つの理由”

とある韓国メディアは、元憲法裁判官キム・ジョンデ氏に時間がかかる理由を聞いている。