韓国球界の左腕ヤン・ヒョンジョンはなぜ、DeNAら日本球界の誘いに乗らなかったのか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)ヤン・ヒョンジョン
(写真提供=SPORTS KOREA)ヤン・ヒョンジョン

このオフ、FAの資格を取得し、DeNAなど日本の球団も獲得に乗り出していた韓国プロ野球を代表する左腕投手ヤン・ヒョンジョンが、1年契約、契約金7億5000万ウォン(約7500万円)、年俸15億ウォンの計22億5000万ウォンでKIAに残留することが決まった。

金額と1年契約であることはやや意外であったが、もともと今年海外に出ることはないとは思っていた。

投手難が深刻になっている韓国プロ野球

ヤン・ヒョンジョンは今年10勝12敗で、防御率は3.68。この防御率は全体で5位、韓国人投手の中では2位になる。しかも2年前は16勝、去年は15勝と、3年連続で2桁勝利を挙げている。

また先発投手の合格基準である6回以上投げて自責点3以内に抑えるクォリティスタート(QS)は22回で全体のトップ。この3年間、韓国人投手の中では最も多く記録しており、安定感では群を抜いている。