イ・ボミや申ジエなど日本で活躍する韓国女子ゴルファーたちの「深イイ話」

Pocket
LINEで送る

日本で活躍する韓国人女子ゴルファーたちが、ゴルフ以外でもさまざまな活動をしていることをご存じだろうか。

例えば2011年に起きた東日本大震災のとき、全美貞は日本赤十字社に1000万円を寄付し、李知姫はバーディーを記録するたびに1回10万円を寄付する活動を1年以上も続けている。

イ・ボミは2014年にJLPGAにチャリティー基金を寄贈しており、2015年には「東日本大震災ふくしまこども寄付金」に1000万円の義援金を送っている。最近は高級腕時計ウブロとタッグを組んで、継続的にチャリティー活動を展開していくことも発表された。

申ジエの“取り組み”とは?

そんな韓国人女子ゴルファーのなかで特筆すべきは、申ジエの取り組みだろう。