今年も仕事漬けだった!? 韓国サラリーマンが選ぶ2016年の新語・流行語ベスト5

Pocket
LINEで送る

12月21日、韓国の就職情報サイト「ジョブコリア」は、サラリーマン1051人を対象に調査した「今年の職場生活を最も反映する新語ランキング」を発表した。

韓国サラリーマンのリアルが垣間見えるサラリーマン新語・流行語ベスト5を紹介したい。

5位「夜勤角」

「~角(ガク)」とは、「~~をすべき状況」「~~の予感」を指す若者言葉で、“夜勤角”は「夜勤(残業)すべき状況だ」「見たところ、夜勤の予感がする」という意味になる。

経済協力開発機構(OECD)加盟国34カ国の中で労働時間が2番目に長い韓国のサラリーマンにとって、残業や夜勤は日常茶飯事。今日も多くの韓国サラリーマンが“夜勤角”で苦しんでいるのかも…。

4位「メッセンジャー監獄」