「Do you know キムチ?」韓国の若者たちが毛嫌いする“クッポン”とは?

Pocket
LINEで送る

自国のコンテンツを見限って、ガンダムやエヴァなどの日本コンテンツを愛する“オドック”(韓国のオタク)が多いことは以前も紹介した。今年、一大ブームを巻き起こした「ポケモンGO」が登場した際も、「死んで蘇っても韓国では作れない」と嘆いていた実情がある。
(参考記事: 韓国が「死んで蘇っても我が国では『ポケモンGO』を作れない」と嘆いている理由

自国の文化やコンテンツを称賛すること自体は、決して悪いことではないだろう。しかし客観的なクオリティが確保されていなければ、その国のマイナス要素を広めることになりかねない。

いずれにせよ、若者たちに不評なクッポン・コンテンツは今後消滅していくと思うが、はたして。

(文=慎 武宏)