2017年の女子ゴルフは? イ・ボミを凌ぐ人気者キム・ハヌルに期待される「飛躍」

Pocket
LINEで送る

韓国女子ゴルフ界には、“パク・セリキッズ”、“黄金世代”から“韓国美女ゴルファー神セブン”など、さまざまな括りや呼び名が存在するが、“88年生まれ三銃士”も定着しつつある。

「日本列島を占領した“88年三銃士”、来年はさらに高く翔ぶか」(『スポーツ・ソウル』)、「88年生まれ三銃士、日本征服の秘訣は“肯定マインド」(『スポーツ東亜』)といった具合である。

昨年年末に上梓した拙著『イ・ボミはなぜ強いのか?〜知られざる女王たちの素顔』も、実は3人の素顔と人気の秘密を探るべく立ち上がった企画で、彼女たちのルーツを探るべく日韓横断取材も実施したが、取材を通じて感じたのは3人の日本進出に賭ける“熱い想い”だった。

イ・ボミはかつて「日本でプレーするのが夢だった」と語り、申ジエに至っては、こんな本心を明かしたくれたほどである。