“卵やチキンは当分お預け”、史上最悪の鳥インフルエンザが韓国に及ぼしている影響

Pocket
LINEで送る

鳥インフルエンザが、韓国でも猛威を振るっている。これまで殺処分された鶏は2700万羽以上に上り、その影響を受けて、全国的に卵の供給不足が深刻化している。

大型スーパーでは、卵の価格が最大13%ほど高騰したことに加え、「1人1パック」などと購入数を制限。にもかかわらず、不安に駆られた市民による“爆買い”の兆候も表れつつある。

韓国メディア『アジア経済』によると、飲食業界では「卵の大乱」が起きているという。定食屋・居酒屋などでは、単品メニューの玉子焼きや目玉焼きが500ウォン(約50円)から4倍の2,000ウォン(約200円)に高騰。店によっては「卵の供給不足が10カ月先まで続く見通し」と業者から耳打ちされ、卵料理をメニューから外したところもあるそうだ。

そんな中、最も打撃を受けているのはパン業界だろう。