「飼い主には一生のトラウマ」乗客の愛犬を射殺した仁川空港に批判続出!!

Pocket
LINEで送る

飛行機絡みのトラブルが絶えない韓国。今度は、仁川空港で乗客の愛犬が射殺され、騒動になっている。

12月19日、仁川からタイ・バンコクへ向かうタイ国際航空の貨物室に預けられた犬がケージを抜け出し、10~15分ほど駐機場を走り回ったという。

一歩間違って滑走路に進入すれば飛行機の離着陸に支障を来すかもしれない状況だったため、空港内は一時パニックに陥った。

結局、その犬は射殺されてしまった。飼い主はタイ人だ。

「捕まえるのが面倒だったのでは?」

空港関係者は、以下のように話している。