会長の三男が逮捕された韓国財閥“ハンファ”、実はかなりのお騒がせファミリーだった

Pocket
LINEで送る

2014年のナッツ・リターン事件や、先日紹介した“機内で暴れた中小企業の息子”を見ても、それは明らかだろう。

昨年末には、東国製鋼のチャン・セジュ会長の長男チャン・ソンイク氏も、飲食店で従業員にグラスを投げるといった騒動を起こし、問題になった。

しかし、ハンファグループに限っては、昔から“親子揃って”物議を醸してきたことで有名である。

2007年、当時22歳だったキム・スンヨン会長の次男、キム・ドンウォン氏は某クラブで喧嘩騒ぎを起こし、怪我をした。すると、キム会長は自分のボディーガードたちを連れてクラブ従業員4人を鉄パイプで暴行。