会長の三男が逮捕された韓国財閥“ハンファ”、実はかなりのお騒がせファミリーだった

Pocket
LINEで送る

その事件でキム会長は懲役1年6カ月、執行猶予3年、社会奉仕200時間の判決を受けている。

次男のキム・ドンウォン氏は2011年、運転中に反対車線で信号待ちしていた車をひき逃げした。

現場から100メートル離れたところに車を捨てて逃げたが、4日後に警察の調査に応じ、700万ウォン(約70万円)の罰金を科せられた。

彼はまた、大麻吸引容疑で起訴されたこともある。2014年、知人を通じて大麻を入手し、4回に渡って吸引。結果的には懲役8カ月、執行猶予2年、薬物治療命令を受けた。

三男による今回の事件で、イメージダウンが避けられなくなったハンファグループ。これ以上財閥による騒動が起こらないためには、改めて社会的システムを見直す必要がありそうだ。

(文=S-KOREA編集部)