現地も驚き!映画『君の名は。』の韓国興行1位はどれだけスゴくて意義あるのか

Pocket
LINEで送る

大ヒットアニメ『君の名は。』が韓国でも最高のスタートを切った。『君の名は。』は韓国で1月4日から全国ロードショーが始まったが、昨日1月5日に韓国映画振興委員会が発表した興行成績によると、公開初日で13万8028人の観客を動員してボックスオフィス1位を記録したという。

この快挙は多くの韓国メディアで取り上げられている。「日本アニメ『君の名は。』公開初日にボックスオフィス1位」(『聯合ニュース』)、「アニメ『君の名は。』興行1位、“新海マジック”韓国でも通用した」(『ノーカットニュース』)などである。

もっとも、韓国でも成功することはある程度は予想できた。昨年10月の釜山国際映画祭に招待作品として公開されたときも、チケットが発売開始からわずか1分で全席完売となるほどの大盛況を呼んだのだ。

『君の名は。』が打ち負かしてしまった世界の大作映画たち

第18回富川(プチョン)国際アニメーション映画祭でも、長編コンペティション部門で優秀賞と観客賞の “2冠”に輝いた『君の名は。』は韓国でもマニアたちの間でかなり前から期待と話題を集めていただけに、今回の公開ダッシュは約束されたと言えるだろう。
(参考記事:ジブリを超える名作!? 映画『君の名は。』に対する韓国人の偽りなき反応)

ただ、特筆すべきは『君の名は。』が数あるライバルたちを蹴散らしていることだ。