日本人Kリーガー高萩洋次郎が語る「韓国チャンピオンへの道のり」

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)
(写真提供=FA photos)

韓国サッカー界で“パスマスター”と呼ばれ、その評価を高めている日本人選手がいることをご存じだろうか。高萩洋次郎がその人だ。

2012年にはサンフレッチェ広島のJリーグ初優勝に大貢献。自身もJリーグ・ベストイレブンに輝いた男は、オーストラリアAリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCを経て、2015年6月からKリーグ屈指の人気クラブであるFCソウルでプレーしている。

海本幸治郎が2001年に日本人初のKリーガーとなって以来、前園真聖、戸田和幸、大橋正博、岡山一成、高原直泰、家長昭博、馬場憂太、島田裕介、エスクデロ・セルヒロといった日本人選手たちがKリーグでプレーしてきたが、高萩が残してきた実績は素晴らしい。