日本人Kリーガー高萩洋次郎が語る「日本と韓国の違い」

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)
(写真提供=FA photos)

Jリーグ時代には2010年ナビスコカップでニューヒーロー賞に輝き、2013年からはサンフレッチェ広島のエースナンバーである背番号10を背負った高萩洋次郎。多彩なパスワークで試合を組み立て、豊富な運動量を駆使して攻守のバランサーの役割もこなし、2013年7月には東アジアカップで日本代表デビューも果たしている。

そんな彼が海外に渡ったのは2015年1月。前年度のACLを制したオーストラリア・Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCに完全移籍したのが最初だった。

そのウェスタン・シドニー・ワンダラーズで6カ月プレーしたあと、2015年6月にはKリーグのFCソウルに完全移籍している。

日本発、豪州経由の韓国行き。その挑戦にはどんな理由があったのか。高萩洋次郎がその真意を明かす。

――高萩選手は2012年にサンフレッチェ広島でJリーグ優勝も経験したあと、オーストラリアに渡りました。韓国進出の前に、そもそもなぜ、オーストラリアだったのでしょうか。