日本人Kリーガー高萩洋次郎が語る「韓国で選手生活を送るということ」

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)
(写真提供=FA photos)

2015年6月からKリーグのFCソウルで活躍する高萩洋次郎。韓国での生活も早いもので1年以上を過ぎたが、日本人選手が韓国で選手生活を送る際に生じることで起きる問題や文化的な違いに戸惑うことはあるのだろうか。

「日本人選手が韓国で生きるということ」をテーマに、過去の事例などを元に高萩にさまざまな質問をぶつけてみた。

――ピッチ内の日韓比較ではなく、今度はピッチ外の日韓比較にテーマを絞ってお聞きしたいと思います。Kリーグで選手生活を送りながら、戸惑ったりなかなか慣れないことはあったりするのでしょうか? 例えばKリーグでは大事な試合前になると直前合宿が頻繁にありますし、独身選手は寮生活です。そういった部分に関して、韓国人である元セレッソ大阪のキム・ボギョンですら「日本と韓国の違いに戸惑った」と言っていましたが、高萩選手はどうですか?
(参考記事:クラブW杯アジア代表の元Jリーガーが語った「日本と韓国の違い」