日本人Kリーガー高萩洋次郎が語る「ACLとJリーグ」

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)高萩洋次郎
(写真提供=FA photos)高萩洋次郎

高萩洋次郎はAFCアジア・チャンピオンズリーグ(以下ACL)のピッチを数多く踏んできた。

Jリーグ・サンフレッチェ広島時代にはACLに3度出場し、2015年にはオーストラリア・Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCの一員としてACLのピッチに立った。2016年にはFCソウルの一員としてアジアの舞台を経験している。

ウェスタン・シドニー時代は鹿島アントラーズ、FCソウルでは古巣のサンフレッチェ広島やかつてのチームメイトたちが多く所属する浦和レッズとも対戦した。言わば対戦相手としてもJリーグを知る日本人選手である。

そんな彼にとって、「ACLとJリーグ」はどう映っているのだろうか。

――高萩選手はJリーガーとしてACLを戦っただけではなく、Jリーグの対戦相手としてACLも戦っています。以前、ユ・サンチョルやチョ・ジェジンなどJリーグでプレーした韓国人選手に取材したとき、「ACLでは特にKリーグ勢には負けたくない」「絶対に勝って韓国のサポーターの前でギャフンと言わせたい」と言っていたのですが、高萩選手もそんな感覚があるのでしょうか。
(参考記事:「イルボン(日本)はライバルか」を韓国人選手に問う