【再録インタビュー】日本を熟知する“韓国サッカー界のカリスマ”ホン・ミョンボが見たニッポンとJリーグ

Pocket
LINEで送る

韓国サッカー界の“永遠のキャプテン”とされるホン・ミョンボ。現役時代は1990年イタリア大会から2002年日韓大会まで4大会連続してワールドカップに出場し、キャプテンを務めた2002年W杯では韓国代表ベスト4進出に大きく貢献した彼は、Jリーグでもその名を轟かせた選手だった。

1997年にベルマーレ平塚(現・ベルマーレ湘南)に加入。1999年からは柏レイソルに移籍し、韓国人Jリーガー初のキャプテンを務め、Jリーグのベスト・イレブンにも選ばれている。

アメリカのロサンゼス・ギャラシーを最後に2004年に引退すると、そのまま韓国代表のコーチへ。2006年W杯に指導者として参加し、その後も韓国代表や韓国五輪代表のコーチを務め、2009年からは監督に。2009年U-20W杯では韓国をベスト8に導き、2012年ロンドン五輪では韓国サッカー初となる銅メダルにも輝いている。2014年ブラジルW杯でも韓国代表の采配を振った。

そんなホン・ミョンボにはこれまで何度もインタビューを要請し、彼も快く応じてくれた。“永遠のキャプテン”は、常に韓国と日本のサッカーを冷静に見つめ、その課題と希望を語ってきたのだ。

「選手たちを命令調で指導することは、ない」

これから始めるのは、そんなホン・ミョンボの再録インタビューだ。