平昌五輪に新星誕生!? 羽生結弦とも共通点のある“元子役スター”

Pocket
LINEで送る

平昌五輪まであと1年。盛り上がりには欠けているが、盛り上げようとはしている。そしてテストイベントを通して、五輪本番の見どころが見えてきた。

2月10日、五輪会場の江陵オーバルで行われたスピードスケートの世界距離別選手権、女子500メートルは、今季好調の小平奈緒がこの種目、五輪2連覇のイ・サンファ(李相花)を抑えて優勝した。

小平が今季の好調を維持し続けるか。地元のリンクで五輪3連覇を狙うイが巻き返すか。ベテラン2人の日韓対決は、平昌五輪でも関心を集めるに違いない。

五輪チケットの予約販売も始まったが…

日韓対決はナショナリズムを煽る一方で、大会の盛り上げに大きく寄与しているのも確かだ。