中国人観光客によるトラブル増加に見る、韓国の問題点とは?

Pocket
LINEで送る

公共の場で大騒ぎ、観光名所に落書き、痴漢、暴行といった数々の中で最も波紋を呼んだのは、昨年9月に起きた“聖堂殺人事件”だ。

中国人男性が韓国人女性を理由もなく刃物で刺したこの事件をきっかけに、済州島住民たちの間で“中国人恐怖症”、“嫌中”が拡散したのは言うまでもない。
(参考記事:「頭にチップを埋め込まれた…」中国人観光客が起こした惨劇“聖堂殺人事件”とは

「彼らの無秩序を責められない」

今回もまた、そのようなトラブルのひとつと言えるだろう。地面にゴミを放り投げることは確かにマナー違反だ。しかし、韓国『聯合ニュース』が報じたところによると、免税のシステムや済州国際空港にも問題はあるという。