洪明甫(ホン・ミョンボ)インタビュー「カリスマが語る日韓中サッカー比較」(4)

Pocket
LINEで送る

【前回】洪明甫(ホン・ミョンボ)インタビュー「カリスマが語る日韓中サッカー比較」(3)

凄まじい勢いで急成長を遂げている中国サッカー。実は韓国でもその存在感が増している。

端的な例がロシアW杯アジア最終予選を戦う韓国代表のメンバー構成である。日本同様にその多くは海外組で占められているが、そのなかでも特に多いのが中国組なのだ。

キム・ヨングォン、チャン・ヒョンス、チョ・ウヨンなど、Jリーグで確固たる地位を得た選手たちも迷うことなく中国へと旅立っているし、昨年夏には2014年ブラジルW杯韓国代表でドイツ・ブンデスリーガのアウクスブルクでプレーしていたDFホン・ジョンホも、欧州生活に幕を閉じて中国に渡っている。

「日本人選手も中国で十分通用する」

韓国ではそうした流れを否定的に見る眼差しもある。