「キレる老人」急増どころか貧困率49.6%!? 日本と似て非なる韓国の“高齢者問題”

Pocket
LINEで送る

韓国の65歳以上の人口は707万5518人(2017年推計)で、全人口の13.8%となる。

一般的に、高齢者人口の比率が7%~14%を「高齢化社会」、14%~21%を「高齢社会」、21%以上を「超高齢社会」と呼ぶそうだが、韓国もいよいよ高齢化社会となっているわけだ。

日本はすでに超高齢社会に突入しているが、韓国の少子高齢化はそれ以上に問題視されている。イギリスのオックスフォード人口問題研究所などは、「地球上で真っ先に消え去る国は韓国」と指摘したほどだ。

近未来ではなく今現在の問題も少なくない。

世界の高齢者たちの生活環境を比較調査している「ヘルプエイジ・インターナショナル」のデータを見ても、客観的に韓国の高齢者問題が深刻なのはよくわかる。

代表的なのは、高齢者の貧困率の高さだろう。