“不倫共和国”になりつつある!? 姦通罪廃止から丸2年、韓国社会に現れた変化とは

Pocket
LINEで送る

かつて韓国では、配偶者がいる者が配偶者以外の異性と肉体関係を持つ場合、「姦通罪」という犯罪として2年以下の懲役に処されていた。

ところが2015年2月、韓国憲法裁判所は姦通罪が「国民の性的自己決定権とプライバシーの秘密自由を侵害するため、憲法違反だ」と決定。1953年の制定から62年ぶりに姦通罪を廃止することとなり、社会には大きな動揺が広がった。

廃止したことで他の犯罪が増加!?

その姦通罪廃止から2年。「もう不倫し放題」と喜ぶ者と、「世も末だ」と嘆く者が共存するなか、韓国社会にはどのような変化が起きているのか。