「世界の魅力的な国民2位は日本。1位は…」今、問われる韓国の“市民意識”

Pocket
LINEで送る

「ヒットラー以後70年…ドイツ人はどうやって最も魅力的な国民になったのか」(『中央日報』)といった記事が出るだけでなく、イギリスBBCの国家イメージアンケートでも、韓国人のドイツ否定派はわずか8%で、肯定派が76%にも上っている。

ドイツ人はまったく逆という“片想い”が起きている点はなんともいえないが、韓国がドイツの国民性を評価していることだけは間違いないだろう。
(参考記事:韓国否定派が65%!! なぜドイツは世界一の“嫌韓国家”なのか

ちなみに、韓国人が魅力的と感じる国民で2位に選ばれたのは、日本(13.3%)だった。意外な印象もあるが、日本国民の「配慮の文化」「徹底した順法意識」が魅力的に映るということを、多くの友人たちもいっていた。

以下、3位スイス(10.9%)、4位アメリカ(8.5%)、5位シンガポール(7.4%)となっている。

いずれにしても18歳選挙権の議論にともない、市民意識の向上が求められている韓国社会。今後の動向を見守りたい。

(文=慎 武宏)

■「ショッキング」注目記事
自国を“ヘル朝鮮”と揶揄する韓国の若者たち…彼らはなぜ絶望しているのか
施行から丸10年が過ぎて見えた、韓国「性売買特別法」の功績と“罪過”
年間11万人が“火病”に苦しむ現代韓国。なぜ火病は韓国特有の病気なのか
外国人女性の被害続々…“女性観光客にとって危ない国”に落ちた韓国