ベルリン映画祭主演女優と有名監督との恋は「韓国版ゲス不倫」なのか

Pocket
LINEで送る

韓国のとある映画監督と女優の“不倫”が注目を集めている。渦中の人物となっているのは、ホン・サンス監督と女優キム・ミニだ。

女優キム・ミニが2月18日(現地時間)、第67回ベルリン国際映画祭で女優主演賞を受賞したことで、今現在さらに2人の関係にスポットライトが当たっている状況だ。

そもそも2人の不倫説が浮上したのは昨年。複数の韓国メディアによると、2015年の映画『今は正しくあの時は間違い』での出会いがきっかけで、不倫関係に発展したという。

日本の“ゲス不倫”顔負けの騒動

22歳の年の差もさることながら、ホン監督をめぐってキム・ミニと監督の妻がもめたことが知らされ、世の主婦たちが激怒した。