“多国籍化”が進む韓国Kリーグに日本人選手はどれだけいるのか

Pocket
LINEで送る

韓国でもサッカー「新シーズン」が到来している。

Kリーグは現在、1部リーグに相当するクラシックと2部リーグに相当するチャレンジの1部・2部構成で、クラシックは12チームで構成されている。

そして開幕節となった3月4日と5日の2日間6試合では、9万8353人の観客を動員に成功。開幕戦の観客動員数としては最多記録更新(これまでは2015年の8万3871人)となった。

ただ、個人的にちょっぴり残念なのはKリーグでプレーする日本人選手が少なくなってしまったことだ。

Kリーグ・クラシック外国人選手国別分布を調べてると…

昨季開幕時は4人の日本人選手がKリーグでプレーしていた。