美しき“神セブン”が相次いで落選。韓国女子ゴルフ界で「美と実力の世代交代」の嵐!?

Pocket
LINEで送る

昨日から始まった女子ゴルフツアー第4戦「アクサレディス・ゴルフトーナメント」。ディフェンディング・チャンピオンとして挑むキム・ハヌルはもちろん、今季初優勝が期待されるイ・ボミ、さらには今年から日本本格参戦しているユン・チェヨンら韓国美女ゴルファーたちに、ひとつの共通点があることをご存じだろうか。

それは韓国時代に韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)広報モデルを務めていたこと。

イ・ボミは2回(2010年、2011年)、キム・ハヌルは6回(2009年、2010年、2011年、2012年、2013年、2014年)、“奇跡の8頭身”とされるユン・チェヨンに至っては、KLPGA広報モデルが設立された2009年から昨年まで8年連続で選ばれているのだ。

ボミ、ハヌルも務めてきたKLPGA広報モデル

3月22日、このKLPGA広報モデルの2017年メンバーが発表されたのだが、今年はいつになく“変化”が多い顔ぶれとなった。