海峡を渡った長身右腕・門倉健が語る「韓国プロ野球の真実」その1

Pocket
LINEで送る

3月31日に開幕した日本のプロ野球に続いて、お隣・韓国でもプロ野球が開幕した。

第4回WBCではまさかの1次リーグ敗退で終わって屈辱に塗れた事実が、今季の韓国プロ野球にどのような影響をもたらすか注目が集まるところだが、そんな韓国プロ野球の行方に注目している日本の野球人がいる。

門倉健氏がその人だ。

現役時代は中日ドラゴンズ、大阪近鉄バファローズ、横浜ベイスターズ、読売ジャイアンツなどで活躍。2005年には最多奪三振のタイトルを獲得した長身右腕だった門倉氏は、2009年から2011年までの3年間、韓国プロ野球でプレーした。

それもただ活躍したわけではない。SKワイバーンズ時代は開幕投手を務め、優勝に貢献。サムスン・ライオンズ時代には日韓通算100勝も達成。韓国プロ野球でプレーした日本人選手が意外に多いが、そのなかでも最も輝かしい成績を残しており、韓国では今も「韓国で最も活躍した日本人選手」とされているほどだ。

そんな門倉氏に、実際に体験した韓国プロ野球の思い出とそこで感じたことを聞いた。

日本の“長身右腕”が語る韓国野球

――門倉さんは2009~2010年にSKワイバーンズ、2011年にはサムスン・ライオンズで活躍されていますが、もともと韓国プロ野球に関してどんなイメージがありました?