海峡を渡った長身右腕・門倉健が語る「韓国プロ野球の真実」その2

Pocket
LINEで送る

【前回】海峡を渡った長身右腕・門倉健が語る「韓国プロ野球の真実」その1

現役時代は中日ドラゴンズ、大阪近鉄バファローズ、横浜ベイスターズ、読売ジャイアンツなどで活躍し、2005年にはセ・リーグの最多奪三振のタイトルを獲得した門倉健氏。2009年から2011年までは韓国プロ野球でも活躍したが、そこで知った「韓国野球界が見たニッポン」とは――!?

――韓国の球界関係者たちから「日本野球の良さを伝えてほしい」という要望があったということは、ちょっぴり意外です。

僕もそうでした。世間一般的に言うと、どうしても韓国野球は日本野球に対して敵意むき出しというイメージが強いじゃないですか。僕が韓国に行ったときは、ちょうど第2回WBCが終わった直後でもありましたから」

――ただ、そんなイメージを変えることがあったんですね?