海峡を渡った長身右腕・門倉健が語る「韓国プロ野球の真実」その3

Pocket
LINEで送る

【前回】海峡を渡った長身右腕・門倉健が語る「韓国プロ野球の真実」その2

(写真=慎 武宏)
(写真=慎 武宏)

現役時代は中日ドラゴンズ、大阪近鉄バファローズ、横浜ベイスターズ、読売ジャイアンツなどで活躍し、2005年にはセ・リーグの最多奪三振のタイトルを獲得した門倉健氏。2009年から2011年まで韓国のプロ野球で活躍した門倉氏は、コーチとしても韓国プロ野球に携わっている。

かつて所属したサムスン・ライオンズで2013年には投手インストラクターを務め、2015年には1軍ブルペンコーチを務めていているのだ。「韓国プロ野球で活躍した日本人コーチ」は意外と多いが、選手としてプレーし、コーチとしても韓国プロ野球に携わったのは門倉氏だけだ。

そんな門倉氏が語ってくれた「韓国プロ野球の真実」。最終回は韓国プロ野球の課題ついても語ってくれた。

――韓国プロ野球で選手としてプレーし、コーチも務めたのは門倉さんだけだと聞いています。やりがいがあったんじゃないですか?