【特別公開】“奇跡のDカップ女神ボディ”ユ・スンオクが誕生した決定的瞬間!!

Pocket
LINEで送る

その美しい肉体美が注目を集め、一躍、人気者になったユ・スンオク。韓国で彼女が語られるとき、さまざまな修飾語が用いられる。

「奇跡のDカップ女神ボディ」、「ワナビー(Wannabe)・モムメ(肉体)」「ホットバディ女」「モムメの終結師(究極の肉体という意味)」「CGバディ」などがそれだが、彼女が一躍、注目されるようになったのは、とあるマッスル・コンテストでの快挙がキッカケだった。

それは、『マッスル・マニア』である。

そのときの様子を、ユ・スンオクの所属事務所である「PROFESSIONAL ENTERTAINMENT」がフォロー。貴重な写真の数々を提供してくれた。

華麗なファッションはもちろん、美しくセクシーなビキニ姿の写真を見れば、彼女がなぜ、「奇跡のDカップ女神ボディ」と呼ばれるかが、わかるだろう。