韓国の健康美を先導する“Dカップ女神ボディ”、ユ・スンオクの素顔(番外編)

Pocket
LINEで送る

“奇跡のDカップ女神ボディ”と言われるユ・スンオク。彼女をインタビューしようと思ったのは、数年前から韓国で熱を帯び始めた“マッスル人気”をブームの火付け役である当事者はどう思っているだろうか、というのがキッカケだった。

というのも、そもそも韓国では健康志向が強く肉体美への憧憬心が強いところがあった。数年前にはルックスも抜群な芸能人たちが鍛えた筋肉美を自慢する“モムチャン”(「ナイスバディ」という意味の造語)ブームが起き、そのトレーニングを担当したコーチが話題になることも多かった。

ペ・ヨンジュンのパーソナルトレーナーや、日本のバラエティ番組『Oh!!どや顔サミット』で8週間ダイエットを指導したショーン・リーなどがその代表例だろう。

韓国社会におけるユ・スンオク

“モムチャン”は男子のための修飾語で、筋肉美が求めれるのも男性に限られていた。