「女性に吸い殻を投げ捨てられたから」判決が下るも議論尽きぬ“江南通り魔事件”の闇

Pocket
LINEで送る

昨年5月、韓国ソウルの江南駅で起こった無差別殺人をご存知だろうか。

犯人のキム氏(35歳)は当時、江南駅近くにあるトイレで22歳の女性を10数回に渡って凶器で刺して殺害。キム氏と被害女性にはなんら関係がなかったこと、また犯行動機として「数日前に女性に吸殻を投げつけられた」と話していたことから、韓国では“女性嫌悪(ミソジニー)”による犯行として大きな注目を集めていた。

「江南通り魔殺人事件」と呼ばれるこの事件に先日、判決が下った。韓国の大法院(日本の最高裁に相当する)は、殺人容疑で起訴されていたキム氏(35歳)に懲役30年を言い渡している。

女性嫌悪による犯行ではない?

無期懲役や死刑を望む世論が多かったため、韓国ではこの判決が大きな話題を呼んだが、それ以上に注目を集めたことがある。