ついに日本参戦する“超絶セクシークイーン”アン・シネの素顔(前編)

Pocket
LINEで送る

韓国では今季も多数のギャラリーを連れてラウンドすることから、「ギャラリー100数人を引き連れるアン・シネのゴルフ熱気」(『韓国スポーツ経済』)とも報じられたほどだ。

もっとも、初めからスーパースターだったわけではない。むしろそのキャリアは韓国において異質とも言える。

例えばジュニア時代に国家代表歴がないことだ。イ・ボミも経験がある国家代表常備軍にも選ばれたことがない。

小学3年生のときに父親とともにニュージーランドにゴルフ留学に出たためだが、アン・シネはそのニュージーランドで国家代表を務めた“変わり種”なのだ。

プロデビューは2008年。