韓国で広がるフェミニズムに待ったをかけた日本人女性ウェブトゥーン作家の悲劇

Pocket
LINEで送る

「女性嫌悪」が社会的イシューとなり、「フェミニズム」意識が急速に広がっている韓国社会に、一石を投じた日本人女性がいることをご存知だろうか。

彼女の名前は小松淸香さん。紙媒体よりもネット媒体の漫画(ウェブトゥーン:Webtoon)が盛んな韓国で、唯一の日本人として活動するウェブトゥーン作家だ。

ニュージーランド留学中に韓国に興味を持ち、2001年に初訪韓。釜山大学の韓国語学堂で韓国語を学び、2002年には日本の大学を中退して釜山大学に入学したという。

大学卒業後はソウル近郊の京畿道に拠点を移し、月間PV数100万・アクセス数40万に及ぶブログ「私の目で見た韓国、韓国人」を運営しながら数々のテレビ番組に出演。“日韓の架け橋ブロガー”としてその名を知られるようになった。

韓国人夫との結婚生活を描いた漫画が炎上

そんな小松さんが、2016年1月からウェブトゥーンの連載を開始。