「マラドーナをディスった?」韓国の“ネクスト・シャビ”ペク・スンホはどんな人物なのか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)
(写真提供=FA photos)

韓国でとあるゴールパフォーマンスが話題を呼んでいる。韓国で開催されているFIFA U-20W杯の韓国対アルゼンチン戦で、ペク・スンホが披露したものだ。

ペク・スンホは前半42分にゴールを決めると、指で長方形の形をつくるパフォーマンスを披露。それは韓国のサッカーファンにとっては見覚えのあるジェスチャーだった。

今回のU-20W杯の組み分け抽選会。ディエゴ・マラドーナがドロワーを務め、韓国はギニア、アルゼンチン、イングランドと同じグループAに割り振られることになったが、ペク・スンホのパフォーマンスはそのときにニッコリと微笑んだマラドーナを連想させたのだ。

“ネクスト・シャビ”と呼ばれイ・スンウと並んで注目されるスター選手だけに、この「疑惑」は“マラドーナセレモニー”と名前まで付くほど国内外に波紋を呼んだ。

「チケットも買えないのか」

もっとも、ペク・スンホ自身はあっさりと否定している。