「前代未聞の暴挙」「国際的な恥」ACL浦和対済州の乱闘劇を韓国メディアはどう報じたのか

Pocket
LINEで送る

ピッチ上で繰り広げられた暴力事件が物議を呼んでいる。ACL決勝トーナメント1回戦、済州ユナイテッドが浦和レッズに0-3で敗北した試合で起きた選手同士の衝突がそれだ。

済州の控え選手ペク・トンギュが浦和の選手に強烈なひじ打ちを浴びせるなど、文字通り“乱闘”騒ぎとなった今回の騒動。日本でも大きく報道されたが、韓国のメディアはどのように見たのだろうか。

ペク・トンギュのひじ打ちに驚愕する槙野

特に目立つのは、槙野智章の行動を伝えた報道だ。