「逃げ方も創造的だ」「変なアニメの影響では」“日本の痴漢問題”を韓国はどう報じているか

Pocket
LINEで送る

痴漢を疑われた人が線路内に逃走するケースが相次いだことで、日本では痴漢に関する話題が何かと注目を集めている。

そんな日本の痴漢騒動はお隣・韓国でも密かに報じられている。その報道はどれも事実を報じているのだが、日本の立場からすると、どこかピントがずれているような気がしないでもない。

韓国メディアが報じている“日本の痴漢”について見てみよう。

「さすが日本、逃げ方も創造的だ」

韓国メディア『YTN』は6月3日、「痴漢が幅を利かせている日本の地下鉄…見つかったら線路に高飛び」と見出しを打った。