「もっとまともに管理してほしい」。韓国人91人が中国に損害賠償請求した理由とは?

Pocket
LINEで送る

アメリカのドナルド・トランプ大統領によるパリ協定離脱表明が世界中で波紋を呼ぶなかで迎えた6月5日は、くしくも「世界環境デー」だった。

1972年6月5日から開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたもので、環境省によると日本が国連に提案したものだという。日本では「環境基本法」(1993年)が同日を「環境の日」と定めている。

お隣・韓国も1996年から6月5日を「環境の日」と定めており、翌年からはソウルで「世界環境デー」のイベントも開催されたりしているが、韓国の環境問題で今、最も注目を集めているのは微少粒子状物質「PM2.5」による大気汚染だろう。

現代韓国を苦しめるPM2.5

韓国メディアによると、今年に入ってから3月21日までにPM2.5の警報や注意報に相当する「特報」が発令された回数は85回となっており、昨年の41回を大きく上回っている。